マッチングアプリ 抵抗

マッチングアプリに抵抗がある理由とは

バナー

 

マッチングアプリの利用に抵抗を感じている女性はまだまだ多いものです。

 

当サイトではクラウドワークスというサービスでマッチングアプリやネット恋愛の体験談を募集しているのですが、マッチングアプリに抵抗があると感じている女性はほんとうに多いです。

 

体験談を募集するとお決まりのように「このようなサイトの利用には抵抗があったのですが〜」「抵抗を感じつつ友達の勧めで利用してみました」と書かれていることも多いです。

 

それもほとんどが女性の体験談で、男性で抵抗を感じながらマッチングアプリを利用している人はあまりいないようです。

 

抵抗を感じている女性に聞いてみると以下のようなことでマッチングアプリの利用に抵抗を感じていたようです。

 

ボタン

マッチングアプリを利用していると売れ残りのようななんかイヤだ

 

ボタン

マッチングアプリは出会い系だからイヤらしいイメージがある

 

ボタン

女性が利用すると軽く見られてしまいそうで抵抗を感じる

 

ボタン

マッチングアプリをやっているような男性と付き合うのにそもそも不安がある

 

ボタン

マッチングアプリで付き合ったとしても親や友人に話すことができない

 

私は男性ですがこのような女性の気持ちはとても良く分かります。

 

私はネット恋愛を13年間してきました。そして実際に今までこのような女性の気持ちになったこともあります。

 

ですが現在ではこのような気持ちはまったくなくなりました。

 

今ではもっと多くの女性に堂々とマッチングアプリを利用してもらいたいと思っています。

 

私はこれらの不安をすべて解消することができる自信があります。

 

マッチングアプリに抵抗を感じている女性は考え方が変わるかもしれません。

 

ぜひ記事の続きを見てみてください。


マッチングアプリを利用していると売れ残りのようななんかイヤだ

女性

 

この気持ちとてもよく分かります。

 

私も「マッチングアプリなんか利用する人は現実の世界ではモテないような問題がある人達しかいない」と思っていました。

 

ただしマッチングアプリに登録してみるとすぐにこの考えは変わりました。

 

マッチングアプリには売れ残りどころか魅力的な人達で溢れていたのです。

 

プロフィール写真を見てみても容姿が良い女性も多くいましたし、年齢も若くモテそうな女性もたくさんいました。

 

マッチングアプリでは同性のプロフィールを見ることができないので女性の友人のまきちゃんに男性のプロフィールを見せてもらいましたが男性も同様に魅力的な人達がたくさんいました。

 

売れ残りの人達だけが利用しているわけではない

 

そもそもマッチングアプリは売れ残りの人だけが利用するものではありません。

 

例えば職場で同性しかいない場合には出会いがまったくないですよね。

 

田舎から都会に出てきた人にとっては友達もいないので、新しい出会いを作るのも難しいはずです。

 

また学校でも女子校や男子校だった場合には出会いも限られてくるのでしょう。

 

今はこのような理由で利用している人が本当に多いです。

 

もっと言えば実際には出会いがあるにも関わらずさらになる出会いを求めて利用している人が増えてきているのです。

 

むしろ売れ残りのような人が利用していることの方が少なく、一度マッチングアプリに登録してみるとすぐに分かってもらえるはずです。

 

確かに昔のマッチングアプリは売れ残りのような人が利用するサイトでした。

 

はっきり言って現在のマッチングアプリ事情はまったく違うものになっています。

 

社長や経営、やハイスペック男子も多い

 

容姿だけではなく、年収や職業が優れているハイスペック男子も普通に登録しているから驚きです。

 

このようなオイシイ話を聞くと「怪しい」と感じてしまうからしれません。

 

業者やサクラという言葉も浮かんでくる人もいるかもしれませんね。

 

しかしマッチングアプリはサクラは一切雇っていませんし、業者が紛れ込んでいることも稀です。

 

友人のまきちゃんに男性会員さんのプロフィールを見せてもらいましたが、このようなハイスペック男子も珍しくないレベルでいます。

 

このような男性は実際には仕事ばかりで出会いがなく、マッチングアプリに登録している人が多いです。

 

言葉で言うよりも実際に登録してみて男性会員さんのプロフィールを見てもらうほうが早いですね。

 

まずは大手サイトのペアーズ、Omiaiに登録してみてどんな男性がいるのか見てみてはどうでしょうか。

 

 


マッチングアプリは出会い系だからイヤらしいイメージがある

カップル

 

結構多いのがコレですね。

 

多くの女性が勘違いしているのですが、マッチングアプリは出会い系ではありません!

 

マッチングアプリは別名恋活・婚活アプリです!

 

多くの女性が想像している出会い系アプリとはまったくの別物なのです。

 

出会い系アプリに抵抗があるのは当然ですが、恋活・婚活アプリと聞くと抵抗感が少し薄れる女性は多いです。

 

ただし現在は出会い系アプリも恋活や婚活に力を入れていて、フェイスブック認証を取り入れたりサイトデザインも一新しています。

 

このため見た目だけで出会い系アプリとマッチングアプリを見極めるのは不可能です。

 

私は13年間ネット恋愛をしてきましたのでサイト名を聞けばどれが出会い系アプリでどれがマッチングアプリなのか分かります。

 

しかしそうでない人は名前を聞いてもどれが出会い系アプリなのか、どれがマッチングアプリなのか分からないですよね。

 

そもそも出会い系アプリ、マッチングアプリって何?

 

出会い系アプリと聞くと何となくイヤなイメージを持つ人は多いと思います。

 

出会い系アプリはエッチ友達を募集したり、気軽な友達を募集したり、恋活や婚活として使うことができる幅広い用途で利用ができるアプリです。

 

出会い系アプリにはこのような目的の会員さんが混在しているため、利用するにもコツがいります。

 

マッチングアプリは恋活・婚活で利用するアプリになります。(友達募集としての利用もアリ)

 

当然世間のイメージもまったく違いますので、マッチングアプリを利用は堂々とすることができます。

 

出会い系アプリとマッチングアプリの見極め方

 

出会い系アプリとマッチングアプリの見極め方は主に3つあります。

 

この3つを知っておけばマッチングアプリを出会い系アプリと勘違いして利用してしまうことはなくなります。

 

出会い系アプリ マッチングアプリ
男性利用料金 ポイント制 月額制
アダルト掲示板 あり なし
登録基準 既婚者でも登録可能 既婚者の登録は不可

 

この3つのうちどれか1つでも当てはまれば出会いアプリということになります。

 

よく他のサイトでは出会い系アプリとマッチングアプリを並列掲載していますがまったくの別物なので注意してください。

 

当サイトでは出会い系アプリとマッチングアプリは分けて掲載しています。

 

出会い系アプリを出会いマッチングサイト、マッチングアプリを恋活サイトや恋活アプリ、婚活サイトとして掲載してしまうので間違って登録してしまうようなことはありません。

 

代表的な出会い系アプリを載せておきますので、出会い系アプリに抵抗がある人は参考にしてみてください。

 

ボタン

PCMAX

 

ボタン

YYC

 

ボタン

ハッピーメール

 

ボタン

ワクワクメール

 

ボタン

イククル

 

ボタン

Jメール


女性が利用すると軽く見られてしまいそうで抵抗を感じる

女性

 

前述したようにマッチングアプリは出会い系アプリではありませんので軽く見られるようなことはありません。

 

マッチングアプリを利用している人の多くは恋活・婚活目的で登録をしています。

 

軽く見られてしまうのは登録するアプリによります。

 

出会い系アプリはエッチ相手を募集したり気軽な友達募集に使っている人も多いので軽く見られてしまうかもしれません。

 

しかしマッチングアプリは基本的に恋活・婚活をするために利用するものです。

 

細かく言えばマッチングアプリの中にも気軽に利用している人が多いアプリと婚活で利用している人が多いアプリがあるのですが、どのマッチングアプリに登録したからといって軽く見られてしまうことはありません。


マッチングアプリをやっているような男性と付き合うのにそもそも不安がある

男性

 

マッチングアプリをやっている男性に不安を感じるのはなぜでしょう。

 

多くの女性と出会いたいチャラい男性やエッチ目的の男性が登録するものというイメージがあるからでしょうか。

 

これも出会い系アプリとマッチングアプリを同じようなものとして考えている人に多いです。

 

出会い系アプリにはこのような男性も多いのですが、マッチングアプリは恋活・婚活をするために利用するアプリになります。

 

マッチングアプリに登録している男性は本気で恋活・婚活がしたくてやっているわけです。

 

多くの女性と関係を持ちたいからとか、いやらしい目的で利用をしているわけではありません。

 

あなたと同じように真剣に恋人が欲しくてやっているのですから不安を感じる必要はありません。

 

ただしマッチングアプリに登録している男性全員がこのような男性かというとそうではありません。

 

確かにマッチングアプリに登録している男性の中にはエッチ目的で利用している男性もいます。

 

ただしそれは稀です。

 

どのアプリにも言えることですが警戒心を持ちながら男性がどのような目的で利用しているか見極める必要はあります。

 

ボタン

やりもく男子がいない!女子におすすめの恋活&婚活サイトランキング!


マッチングアプリで付き合ったとしても親や友人に話すことができない

女性

 

昔はネット恋愛というと良くないイメージがありました。

 

ネット恋愛=出会い系、援助交際、不倫という良くないイメージがあったからです。

 

しかしマッチングアプリがサービスを開始して流行りだしてからは、そのイメージが変わりつつあります。

 

現在はネット恋愛といっても様々な媒体を通じて出会うことができるようになりました。

 

Twitterや無料チャット、出会い系アプリ、マッチングアプリと出会うための媒体も色々なものがあります。

 

この中でもイメージが良い媒体、イメージが良くない媒体がありますよね。

 

もしあなたに子供がいたとします。

 

その子供が恋人を連れてきました。

 

その場合に「無料チャットから知り合った恋人」と「マッチングアプリ」から知り合った恋人だったらどちらのほうが良いイメージを持ちますか?

 

間違いなくマッチングアプリだと思います。

 

ただしマッチングアプリのほうがマシなだけで決して良いイメージはないと思います。

 

申し訳ないですがそのイメージはもう古く、世間一般のマッチングアプリのイメージはどんどん良いものになっています。

 

25歳以下の女性はマッチングアプリに抵抗がない人が多い

 

25歳以下の女性はTwitterやインスタグラムなどのSNSが流行りだし、ネット経由で友達を増やすことに抵抗を感じていない世代です。

 

このためマッチングアプリに関しても抵抗を感じていない人が多く、逆に抵抗を感じているほとんどの人が25歳以上の女性です。

 

25歳以上の女性はマッチングアプリというと出会い系というイメージがあるので抵抗を感じている人もいます。

 

しかしこのままいけば若い世代を中心にマッチングアプリのイメージはもっと良くなっていくことは確実です。

 

この13年間だけでもネット恋愛のイメージはだいぶ変わりました。


7組に1組がネットを通して出会っている

カップル

 

現在は7組に1組のカップルがネットを通して知り合ったカップルだと言われています。

 

またマッチングアプリの市場は伸び続けていて毎年新しいマッチングアプリがサービスを開始しています。

 

多くの芸能人や著名人がやっているアメーバブログを運営しているサイバーエージェントグループもタップル誕生やmimiというマッチングアプリを運営しています。

 

各マッチングアプリの累計会員数を見てみてもペアーズが800万人、Omiai、タップル誕生が300万人と順調に会員数を伸ばしています。

 

もはやマッチングアプリに抵抗を感じている女性は少数派で、ほとんどの女性が抵抗を感じることなく利用をしています。

 

堂々と利用することができ、彼氏ができた際に親や友達にも後ろめたさを感じることなく紹介できるのがマッチングアプリなのです。

 

実際にマッチングアプリに登録している女性の中には「友達の勧めで登録してみた」という人も多く、口コミや評判が良くて登録してくる女性もたくさんいます。

 

このように健全に利用できるのがマッチングアプリです。

 

登録するか迷っている女性はぜひ試しに使ってみてほしいと思います。

 

バナー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top