誰でもできる!恋活アプリで男のハートを打ち抜く初デート術17選!

失敗しない初デート術17選!

カップル

恋活アプリで気に入った男性とマッチングをしてメッセージ交換をして、ついに初デートとなると誰もが緊張するものですよね。

 

学校や職場、バイト先での出会いと違い恋活アプリでの初デートは初対面の男性とのデートになりますから緊張するのは当然です。

 

実際の出会いからの初デートと恋活アプリからの初デートでは条件が違う為、「気を付けるべきポイント」も違ってきます。

 

実際の出会いからの初デートと恋活アプリからの初デートの違いを整理してみましょう。

 

実際の出会いからの初デート 恋活アプリからの初デート
すでに顔を合わせている 初対面
恋愛に進展しなくても顔を合わせ続ける 恋愛に進展しなければ以降会うことはない
共通の知り合いがいる 共通の知り合いがいない

 

主にこの3点の違いがあります。

 

恋活アプリからの初デートで緊張する理由は「初対面」「恋愛」に対する緊張です。一方初デートで相手の男性が好みではなかった場合は以降完全に会わないようにすることも可能です。

 

このように複雑な気持ちが入り混じっているのが恋活アプリからの初デートです。

 

前者の気持ちに傾いている人は緊張もしますし、逆に後者側の気持ちに人はほとんど緊張はしないでしょう。

 

いずれにしてもこのようなポイントに注意して初デートをする必要があるのです。

 

 

 


初デート前にやるべきこと4選!

カップル

恋活アプリからの初デートは事前に「どれだけスムーズに会う事ができるか」を意識すると成功もしやすいです。

 

実は初デートで成功するポイントはデート前にすでに始まっているのです。

 

それは前述の通り恋活アプリからの初デートは同時に初対面でもあるからです。

 

電話をしておく

 

初デートの前に電話をしておくのはオススメです。

 

恋活アプリやLINEやいくらメッセージ交換を重ねたとしても実際に会っていないため、はっきりと「相手と話をしている」という感覚はあまり感じられませんよね。

 

それは男性も同じです。いくら良い感じにメッセージ交換ができたとしてもどこかぼんやりしたような気持ちになっているはずです。

 

電話をすることで相手の声や話し方が分かり、ようやくはっきりと相手と話をしているということが感じられるはずです。

 

しかし会ったこともない人との電話はお互いが緊張しやすいので初めから長電話はオススメできません。

 

お互いに10分から15分程度の空き時間で少しだけ電話で話してみるのがコツです。しかし大抵は初めは緊張するものの実際に声を聞けたことによる安心感と不思議な感動が会って「もっと話してみたい」という気持ちになることも多いです。

 

不思議なもので一度電話をしてしまえば緊張が解けて会ってもいないのに頻繁に電話で話してしまうこともあります。

 

もちろん頻繁に電話をする仲になれば初デートのときもスムーズです。

 

写メを交換する

 

恋活アプリではプロフィール画像とサブ画像を登録して活動をしている人がほとんどだと思います。

 

しかしそれだけではまだまだお互いに相手がどんな人で普段どんなことをしているか分かりませんよね。

 

百聞は一見に如かずというよりも「見る」ことはとても大切です。

 

お互いに写メや写真を交換しあうことでよりお互いのことをより知ることができます。

 

このことで初デートのときも安心して会いやすくなります。

 

身だしなみを整える

 

身だしなみは当然大切です。

 

あえて書くまでもないと思いますが、初デートときはいつも以上に身だしなみに気を配りましょう。

 

2人でデート先を決める

 

デート先は男性にお任せせずに2人で話し合い決めましょう。

 

男性にお任せしてもいいのですが、あまりに任せすぎる「男の言うとおりになる女」と下に見られてしまうこともあります。

 

また2人きりになりやすいカラオケや個室居酒屋は良い雰囲気になったとしても男性がやりもくで選んでいる場合もあります。

 

初デートの場合はこのような雰囲気になりにくい場所を2人で話し合って決めましょう。

 

もし初デート先が自分にとってイヤな場所だった場合ははっきりと断ることも大切です。特に男性が好みタイプの場合は断りにくいかもしれませんが、断ることが「自分の考えをしっかり持っている女性」として大切に扱ってくれるようになります。

 

なんでもかんでも男性に流されない姿勢こそが軽い女に見られないコツです。


初デートでのポイント13選!

カップル

初デートは今までメッセージ交換を続けていた相手と初めて会うわけですから、なんとも言えない不思議な感覚になることも多いです。

 

男性がスムーズにリードする為にはこちらが注意すべきポイントもたくさんあります。

 

男性がアプローチしやすいように女性もアプローチすることが大切なのです。

 

それではさっそく恋活アプリならではの男性に好かれる初デート術を紹介したいと思います。

 

笑顔で挨拶をする

 

人は第一印象が大切です。初めて会った時に相手に笑顔で挨拶をすることにより相手の緊張を解くことができます。

 

また笑顔は人を明るくさせますから、挨拶時の笑顔はこれからの初デートを楽しくするためには大切なポイントです。

 

好みの相手でなくてもイヤな顔をしない

 

メッセージ交換時に写メ交換はしているとは思いますが、実際に会った時の印象が違うこともしばしば起こります。

 

これは女性だけでなく、男性側も同じです。

 

「あれ?イメージと違う・・・」と感じてしまった場合には顔と態度に出てしまいやすいのですがちょっと考えましょう。

 

イメージとは違うものの今までメッセージ交換をしてきたというのは事実ではあります。話をしてみて好意が芽生えることもあるかもしれませんよね。

 

ちょっといやらしい話ですが恋愛に進展しなかった場合でもお互いに合コンもできるかもしれません。

 

お互いに貴重な時間を割いて会っているわけですから「ない」と思っても態度や表情に出すのはやめましょう。

 

態度や表情に出してしまうとせっかく楽しませようとしてくれている男性にも失礼ですよね。

 

たとえイメージと違った場合でも自分にとっての「あり」「なし」は初デートが終わった時点で判断すればいいのです。

 

「あり」「なし」を判断するための初デートということを忘れないようにしましょう。

 

アイコンタクトを意識する

 

カップル

 

話の途中にアイコンタクトを入れることで話をする側は「あなたに話をしている」ということを伝えることができ、話を聞く側は「あなたの話を聞いている」ということを相手に伝えることができます。

 

相手と目を合わせないまま会話をしていても相手はきちんと自分と話をしているのかよく分からなくなってしまいますよね。

 

もちろん初対面ですから緊張をしてしまい目をあまり見れないという気持ちも分かります。

 

ですが頻繁に見るのではなく、思いだした時にチラッと見る程度でも相手にはきちんとアイコンタクトが伝わりますから十分です。

 

緊張をしてしまい下を向いた状態でチラッと相手の目を見るのも女性らしくてカワイイものですよ。

 

相手にリードしてもらう

 

最近は草食系男子も流行っていますが、今も昔も「男性が女性をリードする」という方程式は変わっていません。

 

男性は女性をリードする気で初デートに来ていますから女性が男性をリードしてしまうと「自分のペース」を乱されてしまい今後の男性からのアプローチがしにくくなってしまいます。

 

ですから基本的には自分からリードするのではなく、男性にリードもらうことを意識する必要があります。

 

悩みは愚痴は控える

 

男性に悩みや愚痴を言いたくなるときもあるでしょう。

 

しかし初デートの段階で男性に悩みや愚痴を言ってしまうと悪い印象を与えてしまうことにもなりかねません。

 

初デートを成功させるためには「良い印象」を男性に持ってもらうことがなによりも大切です。

 

なぜならば恋活アプリの場合はほかにも多くの出会いがある為、初デートで悪い印象を与えてしまうと男性はほかの女性のところへ行ってしまうからです。

 

なによりも大切なことは良い印象を持ってもらい次のデートに繋げることです。恋活アプリの場合は初デートで演じることもときには大切なことなのです。

 

悩みや愚痴はお付き合いをして2人の距離が縮んでからにしておきましょう。

 

常に笑顔を意識する

 

カップル

 

たとえ緊張してうまく話すことができなくても笑顔であれば相手に「楽しんでいる」ということを伝えることができますよね。

 

男性は女性の反応をとても気にしてアプローチしていますから、反応を示してあげることはとても大切なことです。

 

初デートをリードするのは男性の役目ですが、男性がアプローチしやすいようにしてあげるのは女性の役目です。

 

起動哀楽を伝える

 

男性は女性ほど感情を表に出しません。男性は昔から「我慢すること」を教わってきたからです。

 

子供のころは怪我をしたとしても親から「男の子なんだから我慢しなさい」と言われ、会社では様々なストレスに耐えながら仕事をしています。

 

ですから考え方も論理的な思考になっている男性がほとんどです。

 

なので女性が感情を表に出すことに対して男性は女性らしさを感じてします。

 

「このケーキすごい美味しい!」

 

「あの映画すごい感動したなあ!」

 

「初デートはすごい楽しい!」

 

感情を素直に出すことで男性が女性らしさを感じて好意が芽生えやすくなります。

 

香水は付け過ぎない

 

気合を入れて香水を大量に付け過ぎてしまうのはNGです。

 

香水は首や手くびに1プッシュづつが適性量です。自分で良い匂いを感じるくらい付け過ぎてしまうのは付け過ぎです。

 

強い香水の匂いは男性にとって逆効果になってしまうので気を付けましょう。

 

適度にボディタッチをする

 

カップル

 

男性にとって女性からのボディタッチは特別なものです。

 

ボタン

服を引っ張る

 

ボタン

男性の肩をたたく

 

ボタン

話すときの距離を縮める

 

これらは付き合っていなくても違和感なく行えるボディタッチです。

 

ボディタッチの効果は大きく本当にさりげないものでは男性はドキドキしてしまうものです。

 

緊張して話せない場合でも笑顔とボディタッチを取り入れることで好意を伝えることができます。

 

お会計時にお財布を出す

 

デート時は男性のおごりということも多いでしょう。しかし女性も支払いの意志を見せることはマナーです。

 

男性がおごる意志がある場合はそのままお会計をするでしょうし割り勘の場合はお互いがお会計をすることになります。

 

男性におごられた場合はきちんとお礼を言い、割り勘になっても素直に従うのがマナーです。

 

終電までに帰るようにする

 

初デートでお互いに話が盛り上がった場合は「まだ一緒にいたい」という気持ちになることもあると思います。

 

その場合はどうしてもそのままお泊りという流れになりがちです。

 

「体から始まる関係」もありますが、大抵は失敗に終わります。

 

その理由はお互いに初デートのときに体の関係を持ってしまったことで「初対面でも体の関係を持ってしまう軽い人」ということが分かってしまうためです。

 

たとえお付き合いをした場合でもお互いに浮気の心配が絶えず些細なことで喧嘩になってしまうこともしばしばです。

 

特に男性側に「軽い女」と判定されてしまうことが多く、一度軽い女と思われてしまうと彼女に昇格するのは至難の技です。

 

ですから「一緒にいたい」という気持ちを抑えてかならず終電までには帰るようにしましょう。このことによってあなたの女としての価値も上がり、男性も彼女にしたいという気持ちが高まります。

 

最後は笑顔で別れる

 

終わり良ければ全てヨシというように別れ際を良い雰囲気で終わることは大切です。

 

笑顔で別れることで次のデートも楽しく過ごせそうという思えます。

 

また別れるときにはお礼を言うことも忘れないようにしましょう。

 

すぐにLINEやメールで連絡をする

 

LINEやメールでもお礼の連絡を入れましょう。

 

特に別れてからすぐに連絡をすることで「まだ一緒にいたかった」という気持ちを男性に伝えることにもなります。


まとめ

もう一度ポイントを確認してみましょう。

 

※初デート前にやるべきこと

ボタン

電話をしておく

 

ボタン

写メを交換する

 

ボタン

身だしなみを整える

 

ボタン

2人でデート先を決める

 

※初デートでのポイント

ボタン

笑顔で挨拶をする

 

ボタン

好みの相手でなくてもイヤな顔をしない

 

ボタン

アイコンタクトを意識する

 

ボタン

相手にリードしてもらう

 

ボタン

悩みは愚痴は控える

 

ボタン

常に笑顔を意識する

 

ボタン

起動哀楽を伝える

 

ボタン

香水は付け過ぎない

 

ボタン

適度にボディタッチをする

 

ボタン

お会計時にお財布を出す

 

ボタン

終電までに帰るようにする

 

ボタン

最後は笑顔で別れる

 

ボタン

すぐにLINEやメールで連絡をする

 

これらのポイントを抑えておけばお互いに楽しく初デートをすることができるのでしょう。

 

しかし初デートが成功したとしてもお付き合いまで進展しないこともあります。

 

恋活アプリでは多くの出会いがありますから男性が複数の女性と同時進行をしていた場合はタイミング次第でほかの女性のところへ行ってしまうこともあるからです。

 

しかしもし男性にフェードアウトされてしまっても落ち込む必要はありません。

 

女性も恋活アプリでは多くの出会いがありますから気持ちを切り替えて活動しましょう。

 

恋愛はタイミングもありますからこればかりはどうしようもないことです。しかし前述したポイントを抑えて初デートに望めばお互いに楽しくデートをすることができるでしょう。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top