低年収の33歳フツメンの私がマッチングアプリで成功した4つのポイントとは

低年収男性でもマッチングアプリで成功できる4つのポイント

男性

管理人のスラミンです。

 

私のスペックは33歳男性、フツメン、低年収です(涙)

 

皆さまマッチングアプリでの活動はどうでしょうか?

 

この記事に辿りついたということは「低年収」が原因で活動が上手く行っていない男性が多いのではないでしょうか。

 

ほとんどのマッチングアプリでは年収を公開、非公開を選べると思いますが私は堂々と「年収300万円以下」を公開しています。

 

正直現在は300万円にも満たないので若干嘘を付いてしまっている状態です。

 

しかし年収は300万円以下でもマッチングアプリで多くの女性と会ってきましたし、年収のせいで上手く活動できないと感じたこともありません。

 

ですから私自身は低年収でも十分にマッチングアプリで活動できる確信しています。

 

今回は低年収の私がマッチングアプリでどのようなことに気を付けながら活動をしているのかお伝えできればと思います。

 

 


低年収でも20代なら問題なし

男性

私のネット恋愛歴は20歳から現在の33歳までの13年間です。

 

20代のときからマッチングアプリで活動をしていますが20代ではどのような職業に付いたとしても年収が大きく違うということはありません。

 

ほとんどが年収が300万円から500万円の間で600万円を超えてくる男性は稀です。

 

また20代の場合は20代前半の学生も恋愛対象として入る人も多いのではないでしょうか。

 

学生は年収をほとんど気にしませんし社会人というだけで憧れを抱いている人も多いです。

 

ですから20代は年収が300万円以下であっても特に活動には問題ありません。

 

金持ちアピールは逆効果?

 

女性

 

確かに低年収よりも高年収のほうが女性にモテるのは間違いありません。

 

マッチングアプリを利用している男性の中にはお金持ちをアピールしたいのか自慢をしたいのか分かりませんが、プロフィール画像を高級車にしていたり高そうな腕時計にしている人もいます。

 

20代前半の学生からしたら「かっこいい」アピールをすることができるかもしれませんが、20後半の婚期に入った女性にとってはむしろ逆効果です。

 

なぜならば20代後半の女性は年収を気にしながらも男性のお金に対する価値観も気にしているからです。

 

結婚をするとなると男性の収入によって生活水準が決まりますよね。現在は共働きの時代でもありますがやはりメインの収入は男性にかかっています。

 

男性が車や趣味に多くお金を使ってしまうと生活水準が下がってしまうかもしれませんよね。

 

2人で美味しいものを食べに行くにもお金がかかりますし、旅行に行くにもお金がかかります。

 

男性のお金の使い方次第では生活が圧迫されてしまう可能性もある為、女性は男性のお金の価値観をとても気にしているものです。


30代以降でも自己紹介文とプロフィールでカバーできる!

男性

私は現在33歳ですが低年収で不利と感じたことはほとんどありません。

 

確かに年収が高い男性と比べれば見劣りしてしまうのは確かではありますが、低年収のせいでいいねがまったくもらえなかったりマッチングがまったくできないという経験はありません。

 

ですから低年収のせいでマッチングができないという男性はそのほかの原因を考えてみてはどうでしょうか。

 

自己紹介文に職業を書く

 

私は必ず自己紹介文に職業を書いています。

 

低年収と言っても無職なのか働いているのかでは全く相手のイメージが違いますよね。

 

しっかり職業に就いている人はたとえ低年収であっても女性は安心します。

 

私は現在フリーランスなのですが自己紹介文にもそのことを書いています。

 

また自己紹介文も短文ではなく、サイトに登録した目的、趣味、職業、性格などを中心にできる限り埋めるようにしています。

 

自己紹介文が短文の場合は女性会員さんから「活動の意慾が低い」と見られてしまうからです。

 

活動の意慾が低いと見られてしまえば当然女性のいいねはもらえなくなってしまいます。

 

プロフィールを充実させる

 

自己紹介文と同様にプロフィールも重要です。

 

コツとしてはできる限り詳しく設定することです。

 

マッチングアプリは見ず知らずの相手とメッセージ交換を行い会うわけですから、当然女性の警戒心も強いです。

 

やりもく男性や体目的の男性も少なからず登録していますし、稀に業者も登録していますから女性の警戒心が強くなるのも当然ですよね。

 

またマッチングアプリに限らずネットの出会いから事件に巻き込まれてしまうこともいまだに起きています。

 

女性は自分の身を自分で守るためにマッチングアプリの利用も慎重になっています。

 

ですから女性の警戒心を解くという意味でもできる限り詳しいプロフィールを公開しておくことが大切です。

 

プロフィールまできちんと設定しておけばそれだけ「活動の意慾が高い」と見られてマッチングする確率も上がります。

 

プロフィール画像を充実させる

 

自己紹介文やプロフィールと同様にプロフィール画像も重要です。

 

「百聞は一見に如かず」ということわざがあるように文章と読むよりも見ることのほうが効果的な場合もあります。

 

特にマッチングアプリでは姿が見えない相手とメッセージ交換をするわけですから女性を安心させるためになるべくプロフィール写真も多く載せるようにしましょう。

 

メインのプロフィール画像は顔が分かるものにして、サブの写真も全体像が分かる写真を4〜5枚載せると効果的です。

 

マッチングアプリに関しては写真は多ければ多いほど自分の情報を公開できるため女性も安心しやすく、マッチングする確率も上がります。

 

年収を非公開にする

 

年収はデリケートな項目ですから非公開にしている男性会員さんも多いです。

 

低年収がコンプレックスで女性会員さんに知られたくない人は年収を非公開にしてしまうのも良いでしょう。

 

年収を非公開にするメリットは年収以外の要素で勝負できることです。

 

低年収が女性にとってマイナス要素になるのであれば、年収を公開することによって不利になってしまいます。

 

しかし年収を非公開にすることでマイナス要素を隠しながら活動ができます。

 

女性会員さんとマッチングをしてメッセージ交換をし、数回デートを重ねれば女性会員さんもあなたに好意がある状態と言えます。

 

好意がある状態で年収を教えれば初めから年収を教えるよりも嫌われてしまう可能性は減りますよね。

 

ズル賢いと思うかもしれませんがマッチングアプリでは多くの出会いがありますから条件が良い男性に人気が集まるのは当然です。

 

ちなみに年収だけでなく自分のコンプレックスは公開してはいけません。初めからコンプレックスを抱えている男性よりも条件が良い男性にいいねを送りたくなるのは当然だからです。

 

私は低年収をコンプレックスとは思っていないので公開していますが、低年収をコンプレックスと感じている人は公開しないのもアリです。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

もう一度30歳以降の低年収でもマッチングがしやすくなるポイントをおさらいしてみましょう。

 

ボタン

自己紹介文に職業を書く

 

ボタン

プロフィールを充実させる

 

ボタン

プロフィール画像を充実させる

 

ボタン

年収を非公開にする

 

以上のポイントを抑えれば低年収でも必ずマッチングアプリで勝負することができます。現に33歳、フツメン、低年収の私ですら多くの女性のマッチングすることができていますし、出会うこともできています。

 

ぜひこれらのポイントを抑えてマッチングアプリで活動してみてください。

 

バナー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top