恋活サイトにおける自己紹介文の書き方を解説します。

自己紹介文は大切!

女性

 

恋活サイトにおける自己紹介文は大切です。

 

自分で唯一自分の言葉で書ける部分が自己紹介欄です。

 

会員さんの多くは興味を持った人の写真を見てクリックしてからプロフィールや自己紹介欄を見ます。

 

プロフィールや自己紹介欄でどんな人なのか判断して「いいね」を押したり「好きかも」を押します。

 

自己紹介文が「よろしくお願いします。」や「始めまして。初めて利用します。」などの短文だった場合は写真がよほど美男、美女であれば「いいね」や「好きかも」を押されるかもしれませんが、どんな人物か分からない為「いいね」や「好きかも」を押される回数は減ってしまいます。

 

特に自分が男性の場合は女性は警戒心が強いですから、このような短文の自己紹介文では著しく「いいね」や「好きかも」の回数は確実に減ります。

 

ネットでの出会いですから女性は特に警戒しているんです。

 

今でもネットでの出会いを通じて事件に巻き込まれたりしてしまうニュースが度々流れたりしますよね。

 

自己紹介文は相手に対して自分がどのような人間が分かってもらい、少しでも警戒心を解いてもらうという役割もあるのです。

 

あなた自身も会員さんを検索していて、自己紹介文が埋まっていなかったりプロフィールが埋まっていないと警戒心が芽生えませんか?

 

また自分自身をPRできる場所でもあるので、恋活サイトを利用する際は自己紹介文は必ずきちんと埋めましょう。

 

でもいざ書こうと思ってもどのようなことを書いたらいいのか、またどれくらい書いたらいいのか分からないという人も多いかと思います。

 

そのような人の為に今回の記事では自己紹介文の書き方やポイントを解説していきたいと思います。

 

また最後には男性向け、女性向けの例文も載せていますので参考にしていただければ幸いです。

 


書くテーマを決めておく

女性

 

自己紹介文はいざ書こうと思うと何を書いていいのか分からない人もいるかと思います。

 

そんな時はあらかじめ「書くテーマ」を決めておくと良いと思います。

 

名前、血液型、移住地、年齢はプロフィール設定欄で入力できる恋活サイトや恋活アプリが多いのでここでは省きます。

 

もし自分が利用している、または利用するであろう恋活サイトや恋活アプリのプロフィール設定欄にこの項目がない場合は自己紹介文で必ず入れるようにしましょう。

 

おすすめのテーマは以下の通りです。

 

仕事内容(学生の場合はアルバイト)

 

仕事にしろ、アルバイトにしろ1日の多くの時間を仕事やアルバイトで過ごしているはずです。

 

生活の柱となる大切な部分ですので自己紹介文に入れておくと良いです。

 

これからお付き合いするにあたり交際費がかかってきます。

 

またお付き合いがうまくいけば結婚ということにもなってきます。

 

今後を想像するにあたり、仕事内容を明かしておくことは重要なのです。

 

仕事内容により、平日休みなのか休日休みなのか。また自分と生活のリズムはあるのか。

 

そもそも自分が休日休みなのに、相手が平日休みの場合交際するにも時間が合いませんよね。

 

詳しい内容までは書かなくても良いとは思いますがせめて職種だけでも書いておきましょう(販売や営業など)

 

趣味や好きなこと、好きなもの

 

自分の趣味や好きなこと、好きなものを書くことも大切です。

 

相手が同じ趣味や好きなものを持ってればそれだけで共通点になります。

 

やはり好きなことをしている時間は楽しいですから相手も同じ楽しい時間を共有できます。

 

お付き合いした時にこのような楽しい時間を過ごせることが想像できるので必ず書いておきましょう。

 

共通点が多いとマッチング率も上がりますしカップル成立率も上がります。

 

また結婚後の離婚率も低いというデータが出ています。

 

趣味や好きなこと、好きなものは思いつく限り書いても良いでしょう。

 

恋活サイトまたは恋活アプリに登録した理由

 

これも書いておくと自然です。

 

特に実際に出会いがありそうだしモテそうな人なら、なぜ恋活サイトや恋活アプリに登録したのか気になるものです。

 

書いておくと相手も安心できますのでなるべく書くようにしましょう。

 

自分の性格

 

プロフィール設定欄にない場合は自己紹介文に入れておきましょう。

 

ネットでの出会いですから、もちろん自分の性格は相手に伝わっていません。

 

相手によっては「活発でパリピな人は苦手」だったり「大人しい人よりは活発な人がいい」など色々あります。

 

マッチングしてメッセージ交換をしていても実際に対面で話しているわけではないので、どんな性格の人なのかなかなか分かりません。

 

あらかじめ自己紹介文に書いておくことによって、相手が自己紹介欄を見たときに「自分と気が合いそうかどうか」判断することができます。

 

相手に求める人物像

 

これは書いても書かなくても良いです。

 

例えば、年上が好きな場合。

 

「年上希望」と書くことで条件があるので「いいね」をもらえる数は減りますが、年上からいいねが来る確率が上がり効率を上げることができます。

 

求める人物像を書かない場合は条件を絞らない為、より多くの「いいね」がもらえる可能性があります。

 

条件を絞りたい場合は書く、そうでない場合は書かないでおきましょう。

 

離婚歴や子供がいる場合は隠さず書く

 

これはトラブルを防ぐ為です。

 

マッチングしてメッセージ交換をして、いざデートを重ねてこのような事を明かされるとトラブルになる可能性もあります。

 

特に子供の有無は子供の事もある為、隠さず自己紹介文に入れておいた方が良いです。


コンプレックスは書くべきか

女性

 

誰しもが多かれ少なかれコンプレックスはあるものです。

 

見た目のコンプレックスは太っていたり、髪の毛が薄かったり(私です・・・)、肌荒れ、アトピー等々色々あります。

 

または中身的なコンプレックスは自分の性格や精神的な問題等が挙げられますね。

 

これを書くべきか書かないべきか悩むことも多いかと思います。

 

私はこれについては書くべきではないと思っています!

 

理由は2つあります。

 

他の会員さんを探してしまうから

 

まず恋活サイトや恋活アプリには多くの会員さんが登録しています。

 

大規模サイトは累計会員数が300万人、800万人を突破しているサイトもあります。

 

さらに毎日新規の会員さんが入会してくるので新しい出会いも常にある状態です。

 

メッセージ交換をする前に自分のコンプレックスを自己紹介欄に書くという事は自分のマイナス部分を相手に提示しているという事です。

 

初めからマイナス部分が見えている会員さんとメッセージ交換をするよりも、マイナス部分が見えていない会員さんとメッセージ交換をした方が良いと思うのは当然です。

 

サイト内には魅力的な会員さんで溢れているのでマイナス部分を提示するという事は自分の魅力を自分で下げてしまっているようなものです。

 

コンプレックスよりも自分の強みや魅力を自己紹介欄に組み込んだ方がより出会いの数も増えると確信しています。

 

見た目のコンプレックスは写真で分かる

 

また見た目にコンプレックスを抱えている場合はよほど昔の写真をプロフィール画像にしていない限り、相手にとって写真を見れば自分がどのような容姿かは分かるはずです。

 

今はスマホやアイフォンで撮影した写真でも加工機能やスノウというアプリで、色々ごまかせますがそれでも相手にはある程度自分の容姿は伝わっているはずです。

 

顔を載せていない人も全体像を載せておけば、雰囲気程度は相手に伝わっているんじゃないかと思います。

 

そもそも写真と実際に会ったときですら、イメージと違うことも多いですからね。

 

容姿のコンプレックスって案外初対面の人には気にならないことも多いです。

 

自分の顔や体型は鏡で毎日見ているのでやはり細かい部分までどうしても目が行ってしまい、気になってしまうものです。

 

しかし初対面で会った時は初めてその人を見るので、案外自分が気にしている部分が気にならないことも多いんです。

 

あくまで会った時に相手に判断してもらうということで、わざわざ私は書くべきではないと思っています。


精神病や鬱の場合は書くべきか

女性

 

これは相手に分かってもらいたい時や相手のサポートが必要な時は書いておいても良いと思います。

 

しかし基本的には書かなくても良いと思います。

 

実際マッチングする前に書いてしまうと「いいね」や「好きかも」をもらえる回数はかなり減ってしまいます。

 

私の実体験ですが、私が昔ネットを通して知り合った彼女も鬱病で薬を飲んでいました。

 

それはお付き合いすることになり、しばらく経った後に明かされました。

 

しかしそれまでは私はまったく気が付きませんでしたし、言われて初めて分かったことです。

 

確かに今思えば鬱っぽい症状を見せていた時もありましたが、気になるほどではありませんでした。

 

実際鬱だと分かった時も別れようなどとはまったく思いませんでしたね。(この彼女には私が振られてしまいましたが・・・)

 

これは彼女が好きでしたし、鬱も含めて支えようと思ったからです。

 

このように信頼関係ができてから明かすという方法が私は良いと思います。

 


ずるいと思われる人もいるかと思いますがそうではありません。

 

やはり初めから書いてしまうと「重い」「怖い」といったイメージが先行してしまいます。(実際はそうでなくても)

 

自分の魅力が伝わる前にそのようなイメージが先行してしまうのは勿体ないです。


文章は400文字以上で書く

 

文章は400文字以上あればだいたい自己紹介文で伝えたいことは伝えられると思います。

 

また最低400文字以上あれば相手から見たときに「自己紹介文がきちんと埋まっている」ように見えます(笑)

 

この自己紹介文が埋まっているか埋まっていないかにより、恋活サイトや恋活アプリを真面目に利用しているかどうかのパロメーターにもなるんです。

 

暇つぶしや遊び目的の場合は自己紹介文が埋まっていなくても良いと思いますが、そうでない場合はきちんと最低400文字は埋めるようにしましょう。

 

「400文字って多い気がする」と思われる方もいるかもしれませんが、前述したテーマを決めて買いていくとアッという間ですよ!

 

また恋活サイトは無料会員で複数登録して活動するのが基本です。

 

一度完成させれば別の恋活サイトや恋活アプリでもコピペで利用することができます!

 

ですので一度少し頑張って完成させてしまいましょう!

男性向け例文

男性

 

※例文1

 

始めまして。

 

都内で営業をしている〇〇と言います。

 

毎日自宅と会社の往復で出会いもなくサイトに登録しました。

 

私の性格は明るく、また活発的だと思います。また知り合いや同僚にもよくそのような事を言われます。

 

休日祝日休みで休みの日はいつも登山をしています。

 

近くの〇〇山が好きで月に2回は登り、楽しんでいます。

 

また半年に1度は静岡県に行き、登山仲間と富士山に行き楽しんでいます。

 

その他映画鑑賞、スポーツ鑑賞が好きです。

 

基本的に仕事が終わり自宅に帰ってからはビール片手に映画鑑賞、スポーツ鑑賞をしてストレス発散をしています。

 

特に好きな映画は今まで見た中だと「グリーンマイル」です。

 

映画が好きとはいえあまり泣かない方なのですが、あの映画だけは唯一泣いてしまった映画になります。

 

スポーツ鑑賞は主にサッカーを見ています。

 

日本のサッカーも好きなのですが、海外サッカーが好きでレアルマドリードのファンです。

 

こんな私ですがよろしくお願いします。

 

(411文字)

 

自分の趣味や好きなことを中心に書いてみました。

 

かなり無難な例文にはなりますが、好きなことを中心に書くことにより相手にとって好印象を与える例文になっています。

 

「楽しい」や「好き」という単語を多く入れることにより、相手に対して「楽しい」「好き」というイメージを与えています。

 

実は相手に対して「楽しい」や「好き」と言ってなくてもこのような単語を頻繁に入れることにより、相手に対して言っているという錯覚させる効果があるんです。

 

基本的に人は自分に好意を抱いている人には好意を持ちます。

 

基本的な趣味や好きなことというテーマを抑えつつ、相手にも好意を持ってもらうという狙いを持って書いてみました。

 

 

※例文2

私の名前は〇〇と言います。

 

このような恋活サイトは初めて利用します。

 

まず私は仕事が大好きです(笑)

 

介護の仕事が好きでもう10年間、介護職をしています。

 

世間のイメージ通り介護の仕事は大変なのですが、同時にやりがいも感じています。

 

特におじいちゃん、おばあちゃんの笑顔を見ると心から「この仕事をやっていてよかった」と思えます。

 

私はおばあちゃんっこで子供の頃はよくおばあちゃんと遊んでいました。

 

海に連れて行ってもらったり、山に連れて行ってもらったり、どれも楽しい思い出ばかりあります。

 

大人になりおばちゃんが亡くなってしまった今。

 

こうして介護を通してお年寄りの笑顔を生み出すことが亡くなったおばあちゃんへの恩返しだとも思っています。

 

ですからこのような職場なので当然出会いもなく、歳も歳なので恋活サイトに登録してみました。

 

休みの日はよく海や山に遊びに行きます。

 

これもきっと子供の頃の影響だと思います(笑)

 

こんな私ですがよろしくお願いします。

 

(413文字)

 

 

仕事のことを中心に書いてみました。

 

女性は特に男性がどんな仕事をしていて、どのような想いを持って仕事に取り組んでいるか気にします。

 

女性にとって男性の仕事は恋愛に直結します。

 

仕事により、その人を好きになるか嫌いになるかまで影響するほどです。

 

男性からしたら仕事よりも自分の中身を見てほしいと思う人もいるかもしれません。(それは私ですw)

 

しかし女性は男性よりも結構現実的です。

 

それ女性は本能的に「家庭を守る」がインプットされているからです。

 

男性の収入が安定しないと、安定した暮らしは望めません。

 

女性がギャンブルを極点に嫌う理由もギャンブル→お金が減る→生活が安定しない、生活ができなくなるということが大きな理由です。

 

大昔は女性は子供を産み、子供を守り、家庭を守ることが仕事でした。

 

これは大昔の日本人の暮らしから来ています。

 

大昔は男性は狩り(仕事)に行き、女性は村で家事や子育てをして暮らしていました。

 

男性が狩りをうまく行う為にはチームワークや力が必要です。(今で言う仕事ができるかできないか)

 

安定した獲物を取ってくる男性はやはり女性にモテたそうです。

 

ですから女性が男性の仕事を重視するのは今に始まったことではなく大昔からのことなんです。

 

ちなみに女性はなぜおしゃべりが好きかと言うと、これは大昔に女性は村人達と協力して家事や子育てを行っていた為と言われています。

 

村人達とコミュニケーションを取りながら家事や子育てを行っていた為、その名残で現在も女性はおしゃべりが好きだそうです。

 

少し話がズレてしまいましたが、それほど女性にとって男性の仕事内容は重要です。

 

今回はそのことを踏まえて仕事中心に書いてみました。

 

介護という仕事を楽しみながらやっていることをアピールすることにより女性に対して「仕事を辞める危険がないこと(安心感)」「介護職を楽しみながらやっている=お年寄り想いの優しい人」というイメージを与えることも考えて書いてみました。(なんだかズル賢いですかねw)

 

ですが女性は特に男性の仕事を重視していますので、このように仕事中心に書いてみるのもアリです!


女性向け例文

女性

例文1

 

はじめまして。〇〇と言います。

 

恋活サイトには友達の勧めで登録してみました。

 

基本的な性格はまったりしていて、どこか抜けていると言われます(笑)

 

趣味は少年漫画、ゲーム、ラーメン屋巡り、サバゲー、登山と結構多彩です^^;

 

少年漫画はワンピース、ナルトが特に好きです。

 

ゲームは、マリオや星のカービィ、ドラクエやFFなんかもしますね。

 

ラーメン屋も好きで1週間に1回は必ず行きます。

 

特に好きなラーメンは山頭山です。あの塩ラーメンがなんとも(笑)

 

サバゲーは2年前から始めました。

 

初めてやった時は撃たれるのが怖すぎてただ逃げ回るだけでした。

 

しかしやって行くうちに撃たれるのにも慣れて今では逆に特攻隊長としてチームを引っ張っていっています。

 

あの非日常的な世界がたまらなく好きで、趣味の中では一番サバゲーにハマっています。

 

登山は半年前からやり出しました。

 

これもサバゲーで色々な場所を駆け回っていた為、興味がありやり出しました。

 

また近くの山しか登っていませんが、だんだんとレベルアップしていきたいと思います。

 

同じような趣味を持っている人と出会えたら嬉しいです。

 

(471文字)

 

一見ただ自分の趣味を長々と書いているだけのように見えますが、男性の方がマニアックな趣味や凝った趣味を持っている人の方が多いです。

 

ですから男性からしたら女性がこのような趣味を持っていることは共感できますし、好きな趣味を共有することもできるので嬉しいものです。

 

趣味を話題にすれば話もしやすいので、男性からしたらお近づきになりやすい印象を持つと思います。

 

趣味を持っている人は趣味中心に自己紹介欄を書いてみるのもありです。

 

例文1

 

はじめまして〇〇と言います。

 

職場が女性だけなので男性との出会いがなく恋活サイトに登録しました。

 

性格は優しい、甘えん坊と良く言われます(笑)

 

彼氏ができたらディズニーに行ったり、旅行に行ったりしたいとです。

 

基本出掛けるのが好きなので色々な場所へ連れて行ってください(笑)

 

でも家でイチャイチャもしたいです。

 

基本甘えん坊の性格なので・・・・(笑)

 

なので年上の方が希望です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

好きなもの

 

○ディズニー

 

○ミッキー

 

○絶叫系

 

○映画

 

○漫画

 

○スイーツ

 

○紅茶

 

○お洒落

 

○旅行

 

○温泉

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

嫌いなもの

 

○たばこ

 

○お酒

 

○ギャンブル

 

○浮気

 

○だらしない人

 

○ちゃらい人

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

よろしくお願いします。

 

(446文字)

 

恋人ができたらどんなことをしたいか書くのも効果的です。

 

これは自己紹介文を読んで、読んだ人が「この人とお付き合いしたらこの人とこんな場所へ行ったり、こんなことができるんだ♪」と想像してしまうからです(笑)

 

特にこれは男性には効果テキメンです。

 

やはり恋活サイトでの自己紹介ですから恋愛のことを書くのは有効なんです。

 

そして下線を引くことにより、全体をすっきりと見せています。

 

好きなもの、嫌いなものを下線を引いて箇条書きにすることによって見やすくしています。

 

会員さんは多くいますから自己紹介文をサラッと読んでしまう人も少なくありません。

 

しかしこれならサラッと読んでも好きなもの、嫌いなものが分かりますよね。

 

こういった自己紹介文もありです。


まとめ

 

自己紹介文はいざ書こうと思うとなかなか難しいものです。

 

通常の自己紹介とは違い、恋活サイトでの自己紹介ですから戸惑ってしまいなかなか書けないのも当然のことです。

 

しかし自己紹介文をきちんと書くことによって、恋愛のチャンスは大きく広がります。

 

恋愛に限らず、友達募集、趣味友募集で恋活サイトを利用している人も自己紹介文をきちんと書くことにより出会いが広がります。

 

今までで「初めまして、よろしくお願いします。」だっただけという人も自己紹介文を頑張って書いてみてはいかがでしょうか。

 

バナー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top