恋活サイトで使う写真について徹底解説!マッチング率が上がる写真とは?

容姿に自信がなくてもメイン写真は顔が分かるものを!

女性

 

恋活サイトや恋活アプリで使う写真はとても迷うものです。

 

その写真を見て相手がプロフィールや自己紹介欄を見てくれるか決まります。

 

さらにはいいねをするかどうかも写真で判断される部分も大きいですから迷うのは当然です。

 

さて、そんな恋活サイトや恋活アプリで使う写真はどんなものを使えばいいのでしょうか。

 

基本的にはメインの写真には顔のアップ、または全体像が分かるものを使いましょう。

 

そしてサブ写真の2〜3枚は全体像、残りは普段の生活が分かるものが良いでしょう。

 

メインの写真に顔が分かるものを載せるのは前述した通り、相手はメインの写真を見てあなたのプロフィールや自己紹介を確認し「いいね」を押すかどうか考えるからです。

 

相手に興味を持ってもらう為の一番重要な写真がメインの写真です。

 

顔を載せたくない人は顔を載せなくても良いですが、マッチング率はグンと下がってしまうでしょう。

 

ペットと一緒でもOK

 

ただ、顔のアップを全部載せるのは抵抗があるという方も多いと思います。

 

そんな時は色々な手があります。

 

ペットを飼っている人はペットと一緒に写真を撮ってしまいましょう!

 

ワンちゃん、ネコちゃんを飼っている人ならちょっと口元を隠してしまいましょう!そうすれば抵抗なく写真が撮れませんか?

 

加工アプリで適度に盛ろう

 

またスノウというアプリやスマホで加工した写真を載せるのもアリです。

 

ただ過度な加工は実際に会ったときのギャップの差が大きくなってしまうので適度な加工に留めましょう。

 

過度な加工をしてマッチングし、メッセージ交換をしてから会う前になり不安になってしまう女性は意外と多いです。

 

自分の為にもスノウでの加工はほどほどにして、適度に盛れている写真をメインに使いましょう。

 

ほとんどの男性がまずメイン写真を見てからプロフィールや自己紹介欄を見るので適度に盛れている写真は重要です。

 

40代以降の人はプライベート写真でもOK

 

40代以降の人はなかなか顔のアップも抵抗があるかもしれませんので、普段の自分が分かる全身が写っているもので十分でしょう。

 

メイン写真を見たときに顔が分かる事が重要です。

 

顔を載せたくない人は?

 

どうしても顔を載せたくないという人は雰囲気が分かる後ろ姿の写真でも構いません。

 

プロフィール画像が空欄のまま活動するのが一番良くないので必ず何かしらの画像は設定するようにしましょう。


自撮りのコツ

女性

 

実は男性は女性の自撮りが結構好きです。

 

男性って普段自撮りはなかなかしませんから自撮り=女性らしくて可愛いと思っている男性って案外多いものなんですよね。

 

なので自撮り写真を上げるだけで「女性っぽさ」を簡単に出すことができてアピールできます。

 

40代以降の女性はなかなかしないかもしれませんが、男性には有効ですのでぜひ何枚か自撮り写真を載せてみてほしいと思います。

 

笑顔を心掛けよう

 

女性

 

笑顔は人の心を和ませ好印象を与える表情です。

 

写真通過者しか登録する事ができないミスター&ミスというサイトがあるのですが一度写真通過を落選した人も再度笑顔の写真を送ると通過する事がよくあります。

 

これは容姿ではなくその人の全体的な雰囲気で審査員が写真を見ているという事です。

 

この事からも恋活サイトや恋活アプリでは笑顔の写真がいかに相手に良い印象を与えるか分かってもらえると思います。

 

ただ自撮りで笑顔の写真を撮るのって結構難しいですよね^^;

 

1人で撮っているので笑うような事もないですから表情を作るのは難しいです。

 

笑顔といってもおお笑いしているような顔ではなく軽く微笑んでいる表情が一番効果的です。

 

このような表情をするのには軽く口角を上げる事を意識すると良い写真が撮れますよ。

 

ぜひ素敵な笑顔の自撮り写真にチャレンジしてみてください。

 

明るい場所で撮影しよう

 

光量が多い場所で撮影すると表情が明るく見え良い写真を撮る事ができます。

 

スマホで明るさモードを調整するのも効果的ですが、自然光の方がよりナチュラルな写真を撮る事ができます。

 

ですので晴れの日の昼間に撮影するのが一番おすすめです。

 

朝は体も起きていなく顔もどこかぼんやりとしているので、体が目覚める昼間の撮影がベストです。

 

体をストレッチしてから写真を撮ろう

 

撮影の際に軽い有酸素運動をすると顔もすっきりとして生き生きとした写真を撮る事ができますよ。

 

風邪を引いた時はどこか顔もだるく見えますよね。

 

また体疲れている時にも顔に出てしまいます。

 

このように顔と体は繋がっているので有酸素運動をして体を活性化させる事で顔も良い表情になります。

 

有酸素運動は話すのに息が乱れない程度の軽い運動の事です。ストレッチではなくジョギングをして話すのに息が上がってしまうようになるとそれは負荷がかかりすぎています。

 

あくまで会話に支障が出ない軽い有酸素運動に留めましょう。

 

身だしなみを整える

 

メイクも髪型も時間が経つごとにセット時よりも乱れてきますよね。

 

自撮り前には身だしなみのチェックも怠らないようにしましょう。


サブ写真も充実させよう

女性

 

メインの写真が決まったら次はサブの写真です。

 

こちらはサブ写真ですので、そこまで気を付けなくても大丈夫です。

 

全体像が写っている写真を2〜3枚、後は普段のあなたが分かる写真を載せましょう。

 

サブ写真はプロフを観覧している相手に対して自分をアピールする写真です。

 

ですのでなるべく多くの写真を載せたほうが普段の自分を見せることができますので良いでしょう。

 

ネットを通しての出会いですから、実際の出会いに比べてやはり警戒心というのはどうしても生まれてしまうものです。

 

それを少しでも解消してあげるには自分から相手に対して「自分がどのような人間か」提示してあげることが大切です。

 

その為には少しでも多くの情報を公開するようにしましょう。(もちろん電話番号や住所など個人情報は公開してはだめです)

 

あくまで公開できる範囲内です。

 

その結果、「いいね」を押してくれる男性の数が増えてマッチング率も上がります。

 

そして自分好みの男性と巡り合う可能性が増えるのです。

 

もちろん写真も大切ですがプロフも大切です。

 

面倒くさがらずに時間をかけて写真とプロフは作成しましょう。

 

ネットでは実際の出会いと違い少しガツガツしすぎているかな?と思うくらいの方がちょうど良いですよ。

 

バナー

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 
page top